HOME > 美味しいお米のわけ

美味しいお米のわけ

楽農楽人のお米は減農薬、有機質肥料で育てています

農薬はなるべく使いたくない。
そんな想いから、強電気分解水を使った農法で米を育てています。農薬は除草剤のみを1回だけ使用。稲を病気から守るために殺菌消毒には強電気分解水を使用します。肥料は自然の素材でつくられた有機質堆肥・発酵竹粉 ( 天然乳酸菌発酵 ) と、強電気分解水を使用することで安心して食べられるお米をつくっています。

強電気分解水米 くくり米

※ 強電気分解水は塩化カリウムを触媒として井戸水を電気分解した殺菌効果の高い水です。
    稲を守り、環境にもひとにもやさしい水です。

ここが肝心

土作り

発酵竹粉、有機質堆肥を蒔きます。

6月がシーズン

田植え

強電気分解水散布。

病気を防ぐ

強酸性水散布
強アルカリ性水散布

嬉しい稲刈り

稲刈り

まるで新米の美味しさ!年中、専用冷蔵庫で玄米貯蔵し、注文がはいってから精米します

収穫したお米は専用の冷蔵庫に保存。お客様から注文が入ってから精米します。
だから年中新米のような美味しさを味わっていただけます。

お米の保存用冷蔵庫
楽農楽人のお米

お米からこんな商品をつくっています

楽農楽人は、白米の他に赤米・紫黒米・緑米もつくっています。
ミネラル・ビタミンがいっぱいのこれらのお米と、玄米を使って美味しい お餅 を作っています。

美味しく食べるレシピはこちら

通販はこちら

こんなお米もつくっています。医療用米への取り組み

楽農楽人では医療用米 「 LGCソフト ( PDF : 530KB ) 」 にも取り組んでいます。
低タンパク米などの医療用米を食べてみたい、または、使ってみたい個人病院、企業の方は
お電話、またはメールにてお問い合わせください。

楽農楽人
電話番号 0574-25-2259
電話番号 0574-25-3328
お問い合わせ